スポンサーサイト

  • 2019.01.03 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    「温性の食品」を上手に摂るコツ

    • 2016.01.21 Thursday
    • 20:26
    おてんきくもり iinaさんのブログへようこそニコ♪
    今日は二十四節気の「大寒」です。一年で一番寒い時期です。寒い
    この冬は「暖冬」で、もう寒くならないのかと思っていたら、やはり予報どおり
    冬型の気圧配置となり、日本列島大寒波になりそうゆき雪霧
    インフルエンザも流行しそうです。気をつけてください。きけん
    明日は息子の28歳の誕生日ケーキ 私たち親子は一番寒い時に生まれているのねちゅん汗

    本「腸内革命」藤田紘一郎著よりメモ
    「温性の食品」を上手に摂るコツポイント
    人間の体を作っているのは毎日の食事です。
    低体温や体温幅が大きい子どもを作ってる大きな原因は、やはり食事であり食材です。
                    下24時間テレビ
    体温の異常が気になる場合は、
    まず「温性の食品」を摂ることが求められます。ポイント
    それは主に冬が旬のもので、原産地が北の地方のものです。!!
    根菜類、香辛料、薬味などstar具体的には
                    下
    マメ類、根菜類、もち米、ショウガ、ニンニクなどstar
    体を温めるのに効果的です。魚介類では、
    アジ、サバ、イワシ、エビなどstar 肉類では、
    鶏肉と羊肉が温性の食品にstar含まれます。
    また、化学調味料や加工食品も冷性ですから、体温が低い時には避けることが必要です。

    星「温性の食品」の野菜類を食べると腸内細菌が増え、免疫力が高まります。ちゅん手
                     やじるし
    体を温めることは腸内細菌にとっても都合のいいことで、
    「幸せ物質」を作りやすい環境を整えるのです。
    果実類の過剰摂取にご注意きけん 体を冷やす、体温を下げる。

    雪お風呂カップ月今日もお付き合い頂きありがとうございます。 感謝しますピカチュウ24時間テレビ

    スポンサーサイト

    • 2019.01.03 Thursday
    • 20:26
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM