スポンサーサイト

  • 2019.01.03 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    自分を取り巻くモノとの関係を見直す 

    • 2016.09.01 Thursday
    • 19:32

    くもりあめおてんきiinaさんのブログへようこそピカチュウひまわり

    9月に入りました。今日から新学期という方も頑張る

    今年も後4ヶ月です。マジで汗

    毎年思うことですが、時間だけが過ぎ、自分は何をしているのかDocomo108

    これでいいのだろうか?このまま漠然と毎日を過ごして・・・

     

    本「ゆほびか 12月号(2105)」より四葉のクローバー

    自分を取り巻くモノとの関係を見直すサイン 

              家事塾代表・消費行動研究家・東海大学非常勤講師

                            辰巳 渚(たつみ なぎさ)メモ

     

    ニコ片付けは節目を乗り越えていく知恵ポイント

    自分の周りのヒトやモノとの関わり方が変わるとき、私たちは新しい相(フェーズ)に

    移ります。

    例えば、子どもが生まれたら、当然、生活は大きく変わり、女性であれば母親という

    相に移ります。ほかにも、就職や結婚、転居などが、相から相へ移る節目になります。

    新しい相への移行は、ときに、全く別の自分になるかのような変化を伴います。「生ま

    れ変わるような」と言っても、決して大げさではないでしょう。

    そのとき、今までのやり方では上手くいかないことが出てくるのは当然です。

    そんな暮らしづらさは、自分の相が移ったことを教えてくれるシグナルと考えればいい

    のです。そして、新しい相を生きるための方法を考えるチャンスになります。ニコ手

    次の相に移る節目が訪れたとき、それを乗り越えていくための知恵の一つが、片付け

    だと思います。

    前の相では必要だったけれど、次の相で必要な新しいモノを取り入れる余地をつくるた

    めに、不必要になるこれまでのモノを捨てるのです。

     

    習慣や考え方も捨てたり残したり星

    この作業は、モノに限った話ではありません。習慣や考え方なども、必要に応じて捨てて、

    新しい習慣、考え方を身に付けていく事が必要な場合もあります。

    そのようにして、相を移るたびに捨てたり、残したり、得たりしながら、一つひとつの相を

    精一杯生ききる。こう考えた方が、そのときそのときの自分に向き合いやすくなりますし、

    何十年も先のことを考えながら生きるよりも、いくらか心が軽くなると思います。

    暮らしもうまく回っていき、家の中もちょうどいい具合に整うでしょう。ちゅん手

     

    家花火お風呂月今日も最後までお付き合い頂きありがとうございます。 感謝します拍手24時間テレビ

    スポンサーサイト

    • 2019.01.03 Thursday
    • 19:32
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM