抵抗力・免疫機能などの低下を懸念

  • 2017.06.21 Wednesday
  • 12:11

くもり矢印おてんき iinaさんのブログへようこそあじさい雨

今日は夏至です。一年で一番日中が長い日です。

全国的に今日のお天気は雨が多い。広島も予報では雨

そこで昨日、住吉神社へ参拝してきました。神社ありがとう

実際は、昨日のお昼前より曇りになり、「夕方待たずに雨かな?」と

思ったら本当に小雨が・・・大雨ではなく、今朝にはやんでました。

少しは雨も降らないとねニコ 恵みの雨あめ

 

先週の金曜日、ゆいぽーと・ぴよぴよの会「親子ひろば」は11組の親子が

参加してくれました。お礼キイロイトリ

「夏の健康管理について」市の保健センターより、保健師・子育て専門員の

お二人が昨年11月の親子ひろば(冬の健康管理について)で好評♪四葉のクローバー

今回も好評でした。スタッフである我々も勉強させていただきました。頑張る

 

今朝の中国新聞「くらし」欄

 みみ・はな・のどの健康<考>・・・「発症の低年齢化」

そこの診療所には、お子様から高齢の方まで幅広い年齢層の患者さんが訪れ

ます。特に多いのが10歳未満です。お子さんは身体の抵抗力が不安定で、学校

などの集団生活で病気に感染する機会が多く、同じ病気でも大人より悪化しや

すい、といった理由からでしょう。

最近の傾向として、中耳炎や花粉症といった耳鼻科特有の病気にかかる人が低

年齢化していると感じます。

こうした低年齢化には諸説あるそうですが、例えば、

添加物などを多く含む食品を食べる機会が増えて母体の栄養状況が悪くなった

とか、帝王切開による出産の増加によって産道で赤ちゅんに良い細菌が移行し

ないとかいった指摘があります。

他に、幼少期から抗生物質を飲んだりしてアレルギーや免疫に関係する腸内細菌

が乱れやすくなっている、あるいは、子どもの外遊びが減り、過度に除菌された

生活環境の中で免疫機能が低下していることも考えられます。

 

この記事が出る前より、日頃から託児しながら気になってました。

昔と違って、今のあまりの情報の多さ、何を信じればいいのか、核家族で母子二人

の時間が多く、相談する人がいない・・・

 

この前の日曜日の午後、娘とアトピーの無料講座へ参加。(まさか娘が同行して

くれるとは思いもよらずニコッ手 嬉しかったわ)

アトピーも昔と今では考え方が変わってきてました。

 

「幸せは誰かが運んできてくれる」ものではありませんエクステンション

いつまでも他力本願では幸せは遠のくばかりです。自分から積極的に頑張る

どんなに小さな一歩でもいいから、前へ前へと進んでいきましょう。

気になることがでてきたら、インターネットで調べたり、専門家などにも相談。

いろんな人の意見等を参考に。でも最終判断は自分で!!!

 

あじさいkamule今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。感謝しますわーいハート

 

 

スポンサーサイト

  • 2017.11.07 Tuesday
  • 12:11
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM