スポンサーサイト

  • 2019.01.03 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    子どもの学力、遺伝の影響が50%?

    • 2015.10.20 Tuesday
    • 21:42
    おてんききiinaさんのブログへようこそニコッ♪ ハロウィンハロウィン魔女
    ここのところ晴れずーっといいお天気で嬉しいが、空気の乾燥が気になります。
    皆さん、帰宅したら手洗いとうがいをしっかりしましょうびっくり

    PC2015・10・16鉛筆便箋 W×R「親の才能は、どこまで子どもに伝わるか」よつばのクローバー
    子どもの学力、遺伝の影響が50%?
    ちょっと勉強すればデキる子どももいれば、頑張っても成績が伸びない子もいる。Docomo_kao8
    人の学力には差があるけれど、この差はいつできるのだろう?黒猫
     ・幼少期の経験の違いが学力の差を生んでいるのか?
     ・親から子どもへと遺伝するものなのか?
    遺伝と環境の関係を20年以上にわたって研究する行動遺伝学者 安藤寿康(あんどうじゅこう)さんに聞いた。

    「私が研究している行動遺伝学の成果をみると、学力やIQを含めたあらゆる心の動きや行動が、遺伝の影響を受けていると考えられます。ただ、知能や学力に遺伝がかかわっているというと『親が東大を出ているなら子どもも勉強がよくできる』というふうに受け取られやすいんですが、これは間違いです。“遺伝がある”ということは、親の特徴が“遺伝する”ことではありません。むしろ、同じ親から全く違う素質を持った子どもが生まれてくるのが、遺伝子の仕組みであり特徴です。」

    人には2万数千種の遺伝子があり、子は両親から半分ずつ、ランダムに遺伝子を受け継ぐ。だから、同じ両親から生まれたきょうだいでも、どういう組み合わせで遺伝子を受け取るかによって性格や能力は異なるし、それぞれ親とは全く違う素質を持って生まれてくるのだ。

    「ただし、生まれ持った遺伝子が全く同じ双子を調べると、学力や運動能力、絵画や音楽の才能はもちろん、性格や嗜好、収入などの社会的なポジションまで、個人差があるところには必ず、環境だけで説明できない遺伝の影響があることが分かります。一般的に遺伝子が占める割合は、そんなに大きくは変わりません。」

    安藤さんがセンター長を務める慶應義塾大学ふたご行動発達研究センターでは、2000組以上の双子を対象にした様々な統計調査を行っている。双子なので、育った家庭環境はほぼ同じ。その中で、DNAが100%一致する一卵性双生児と、DNAが異なる二卵性双生児のグループを比較して、一卵性の方が似ていたとすれば、それは環境要因ではなく遺伝の影響によるものだと考えられる。これを基本的な考えとして、遺伝と環境の割合を調べるのだ。

    「私が最初に研究したのは、小学生の英語教育でした。英語を文法中心で教えるグループと会話中心で教えるグループでは、当然ながら文法力や会話力に差が出ます。これは純粋に教育の効果が表れているんですが、一卵性双生児と二卵性双生児のきょうだいをそれぞれ別のグループに入れて比較したところ、ほぼ全ての項目で、一卵性双生児の方が二卵性双生児よりも類似性が高かった。総じて言うと、英語力をはじめとする学力は、生まれついての遺伝が5割。のちの勉強によって得られる学力5割程度だといえます。」

    もちろん、科目や調査項目によって多少の差はある。
    たとえば、リスニング能力には遺伝の影響がほぼ見られないため、経験の差が出やすい傾向があり、文法力の方が遺伝の影響が高いことが分かった。
    興味深いのは、英語を学ぼうとする「意欲」についても、二卵性双生児では類似性が見られないのに対し、一卵性双生児では明らかな類似性が見られたこと。つまり、英語の能力や成績だけでなく、英語に興味を持ったり、積極的に勉強しようとする姿勢にまで遺伝の影響が現れていたのだ。

    「この話を一般化すると、教育方法などの環境が異なれば、能力の違いは出てくる。ただし、遺伝的な素質というものもやはりあるということ。そして、英語力の場合は、能力が高い人は文法を中心に勉強した方が伸び幅が大きいけれど、能力が低い人はそうでもない。むしろ会話式で何回もゲームをやった方が、覚えが早くなるという結果が出ています。遺伝的な素質が違えば、効果的な教育方法も変わってくるのです。」

    遺伝的な素質があるということは、生まれ持った向き・不向きがあるということだ。ただし、だからといって「親に才能がないから、子どもにもない」と考えたり、並に「親にできることは、子どもにもできる」と考えたりするのは早計。
    その人がどんな素質を持っているのかは、親を見てもわからない。様々なことを経験し、その素質が才能として発揮されることでしか、判断できないものだ。 (宇野浩志)えんぴつ

    某うさぎ私はよく「育児はこれが100%正しい」というものはないと言ってます。育児以外にもそれは言えるでしょう。
    人間自体が未完全・未熟なのだから・・・ だから、自分がこうと決めたらやってみたらいい。疑いながらやるのなら、それは上手くいかない。
    「信じる者は救われる」的なところがありますが、私はこれでそれなりの成果を出してきました。(自己満足) 不思議なことがありました。
    ちゅん手

    家キラキラ今日もお付き合い頂きありがとうございます。 感謝しますお礼拍手24時間テレビ
     

    スポンサーサイト

    • 2019.01.03 Thursday
    • 21:42
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM